《味なび》“黒い生地”で80種超

上毛新聞
2021年5月1日

「カフェ・ボブズクレープ」
☎0276-56-9333。(館林市下三林町295-1)

 独自の配合でココアを練り込んだ、黒い生地が特徴のクレープ店。邑楽町にあった店舗から昨年11月、同所に移転オープンした。

 「みんながゆっくり、くつろげる空間にしたい」とオーナーの石川朋孝さん。テラス席からは和をイメージした滝の流れる庭園を一望でき、店内は薪ストーブがある洋風な雰囲気が広がっている。

 クレープは、定番の「チョコバナナ生クリーム」(500円)のほか80種類以上。サラダ、もんじゃの食事系クレープも「黒い生地に合う」と好評だ。人気は「明太もんじゃ」(750円)。もんじゃと生地をガレット風に焼き上げ、包んで提供するので食べやすい。

 クレープ生地(300円)と好みの材料を自由にトッピングすることも可能。ゴールデンウイークごろには、かき氷も登場する予定だ。

【営業時間】午前11時~午後6時半。不定休(月~木曜の間で週1日)。

「クレープ」でほかの記事を検索 「カフェ」でほかの記事を検索