《北毛発 真田街道湯めぐり》戸倉上山田温泉 精進落とし 芸者衆も

上毛新聞
2015年12月5日

「善光寺の精進落としの湯」として知られる長野県千曲市の戸倉上山田温泉。温泉宿に加え、200軒以上の飲食店が立ち並ぶ情緒豊かな温泉街で、芸者衆の三味線や踊りも楽しめる。滑らかな泉質の「美肌の湯」も特長だ。
温泉街の一角にある温泉資料館(同市上山田温泉、☎026・275・1001)=写真=では、明治期に開発された温泉の歴史を学べる。400人いたという芸者衆が並んだ写真、射的の道具なども飾られている。
資料館を運営するのは源泉管理を担っている上山田温泉株式会社。小平悟朗社長(74)は「善光寺参拝客の癒やしの場として発展してきた歴史がある」と振り返る。
戸倉上山田温泉周辺は戦国期、若き日の真田信繁(幸村)の所領だったという。来年のNHK大河ドラマ「真田丸」に合わせ、温泉の北にある善光寺に加え、南方面の上田城など関連観光資源も生かした誘客が進められている。

地図 →

この付近の観光ニュース →