「やよいひめ」のスイーツいかが 学生団体の期間限定店舗がオープン

上毛新聞
2021年3月24日

 群馬大などの学生でつくるグループ「Yield(イールド)」(伊藤裕喜代表)は20日、群馬県桐生市横山町でイチゴのスイーツやドリンクを提供する期間限定の店舗「彩(いろは)Strawberry Shop」をオープンする。6月20日まで営業する予定。

 沼田産のイチゴ「やよいひめ」をふんだんに使った「初恋ワッフル」(800円)や「あこがれスムージー」(480円)のほか、クレームブリュレなども提供する。

 同グループは同所でこれまでかき氷やスープを販売してきた。スイーツなどの提供は主には中山息吹さん(20)、茂木里奈さん(20)、岡部清弥(さや)さん(21)の3人がスープに続き担当。味わいの異なる4種類のイチゴソースを使い分けるなど、随所にこだわった。

 19日に開店準備した3人は「イチゴで春のワクワクを届け、来てくれた人を笑顔にしたい」と意気込む=写真

 同グループは現在14人で活動中で、子どもたちへの学習指導も行っている。

 午前11時~午後6時(来月8日以降は未定)。問い合わせはメール(yield.12.kiryu@gmail.com)で。

「やよいひめ」でほかの記事を検索 「スイーツ」でほかの記事を検索