桐生駅 光の回廊

上毛新聞
2015年11月27日

JR桐生駅を7万球の発光ダイオード(LED)で彩るイルミネーションの点灯式が23日、同駅北口広場で開かれ、子どもたちが手作りしたパネルに光がともった=写真。点灯は日没から午後11時まで。
手作りパネルは、桐生市内の園児や児童らが90センチ四方のパネルに絵を描いてLEDを装飾した。市のマスコットキャラクター「キノピー」やわたらせ渓谷鉄道などを表現した約30点が並ぶ。
式には大勢の市民が集まり、点灯の瞬間を見守った。広場がきらびやかな光に包まれると、大きな拍手と歓声が響いた。
きりゅう市民活動推進ネットワークが毎年実施しており、来年2月14日まで楽しめる。

地図

地図を開く 近くのニュース