日本酒の干支ボトル出荷ピーク 栃木

下野新聞
2015年11月17日

 来年の干支(えと)丙申(ひのえさる)をかたどった日本酒の干支ボトルの出荷が、栃木市西方町元の酒造会社飯沼銘醸で最盛期を迎えている。

 ボトルは信楽焼(しがらきやき)の陶器。16日は、主力銘柄「杉並木本醸造」1・8リットルを詰める準備作業などが行われた。

 干支ボトルは33年前から販売しており、飯沼徹典(いいぬまてつのり)社長(50)は「長年、縁起物として販売しているが、新年が穏やかであるよう願いを込めています」と話している。

 600本の限定販売で、予約は今月末まで。リピーターが多く、県内外から注文があるという。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →