独自の感性で彫刻など18点 独在住、上野さん個展

下野新聞
2020年10月14日

 【那須塩原】ベルリン在住で、彫刻やコラージュ作品などを創作する美術家上野友幸(うえのともゆき)さん(38)の個展が、板室の温泉旅館「板室温泉大黒屋」で開かれている=写真。板室の山で拾い集めた枝を使った作品など18点が展示されている。30日まで。

 上野さんは兵庫県出身。東京芸術大大学院やベルリン芸術大で彫刻など芸術表現を学んだ。

 個展では、空の写真などと大理石を組み合わせた作品を展示。移ろいを象徴する「空」と不変を表す「大理石」は概念では対立するが、どちらも見た目は非常に似通っていると視覚的に提示し、二元論的な考え方の不確かさを訴えている。

 上野さんは「作品を鑑賞した後、空や川など日常の中に芸術を見つけてほしい」と話す。

 午前9時~午後5時。入場無料。宿泊者以外も鑑賞できる。(問)大黒屋0287・69・0226。

地図を開く 近くのニュース