氷瀑など写真100点 日光市山岳連盟60周年展 26日まで

下野新聞
2020年9月3日

 【日光】御幸(ごこう)町の日光郷土センター2階ギャラリーで1日、市山岳連盟創立60周年記念写真展が始まった。26日まで。

 同連盟は市内の山岳10団体が1960年に設立した。現在は4団体の約100人が所属し、15日で60年を迎える。節目の記念事業として写真展を開催した。

 会場には会員やOBが撮影した山や自然、生き物などの写真約100点が並ぶ。日光連山や戦場ケ原、華厳の滝など日光だけではなく、マナスルやマッターホルンなど海外の山を撮影した作品も展示されている。

 女峰山中腹にある雲竜渓谷の氷瀑などを撮影した作品は、約60年前から現在までの多数が並ぶ。暖冬の影響で氷瀑などが小さくなっていることや、昔の登山装備などを確認できる。

 国谷光夫(くにやみつお)会長(70)は「会員たちが撮影した見応えのある写真を通じて、山や自然の素晴らしさを感じてほしい」と多くの来場を呼び掛ける。

 入場無料。午前9時~午後4時半。(問)玄梅正明(げんばいまさあき)さん090・7014・6853。

地図を開く 近くのニュース