緑と清流眺めBBQ 道の駅上野 特産イノブタ、手ぶらで

上毛新聞
2020年8月20日

手ぶらで訪れてもバーベキューが楽しめる「テラスBBQ」が、上野村の道の駅上野のデッキ「うえのテラス」で始まった。神流川の清流を眺めながら、特産のイノブタ焼き肉などを満喫できる。初の企画で、8月中は全メニューが特別価格となっている。

うま味が凝縮されたイノブタ肉の3種200グラムと野菜盛り合わせ、ライスがセットになった「猪豚(いのぶた)BBQセット」(税込み1800円)が一押し。村内産シイタケのホイル焼き(5枚で同350円)は肉厚で食べ応え満点だ。

昨年のリニューアルで完成したテラスでは、神流川や木々の緑など雄大な自然を前に食事を楽しめる。トングやグリルなど必要な器具は貸し出される。

レストランメニューを注文できるほか、売店でアルコール含む飲み物も買える。担当者は「自然の中、手軽に特産品を使ったバーベキューが楽しめる。気軽に足を運んでほしい」と話している。

8月の営業は午前11時~午後3時(ラストオーダー同2時半)。土日は営業し、平日は不定休。問い合わせは道の駅上野(0274-59-2665)へ。

「バーベキュー」でほかの記事を検索 「道の駅」でほかの記事を検索