大地“パッチワーク” 嬬恋・キャベツ畑

上毛新聞
2020年5月1日

 日本一の生産量を誇る嬬恋村の夏秋キャベツの植え付けが始まった。浅間山麓の大笹地区を上空から見ると、黒ボクと呼ばれる肥沃(ひよく)な耕作地がまるでパッチワークのように広がっている=写真

「キャベツ」でほかの記事を検索 「嬬恋村」でほかの記事を検索