紫一面 春歌う 栃木の「みかも山」カタクリ見頃

下野新聞
2020年3月24日

 栃木市と佐野市にまたがる「みかも山公園」でカタクリが見頃を迎え、春の訪れを告げている。

 同公園内の「かたくりの園」と「大田和エリア」の約7千平方メートルに約8万株が群生。木漏れ日が差し込む中、鮮やかな紫の花が山の斜面いっぱいに広がる。

 同公園管理事務所によると今年は暖冬の影響で、例年よりも半月ほど早い2月下旬に開花。20日からの3連休にピークを迎えるという。

 新型コロナウイルスの感染拡大で企画していたイベントが中止になるなどの影響はあるが、春分の日を前にした19日は、多くの来場者がカメラを構えていた。

 訪れた壬生町至宝2丁目、綱川朝泰(つなかわともやす)さん(77)は「よくハイキングに来るが、この時季は初めて。きれいに咲いていて素晴らしい」と話した。

地図を開く 近くのニュース
見頃を迎えているカタクリ