「お弁当・お惣菜大賞2020」で優秀賞を受賞した「佐久山メンチ」

佐久山メンチが優秀賞 大田原の和氣精肉店 全国スーパー協会が評価

下野新聞
2020年3月12日

 全国スーパーマーケット協会が主催した「お弁当・お惣菜(そうざい)大賞2020」の「惣菜部門」で、和氣精肉店(大田原市佐久山、和氣敏(わけさとし)社長)のメンチカツ「佐久山メンチ」が優秀賞を受賞した。

 お弁当・お惣菜大賞は全国のスーパーやコンビニで販売されている弁当やおかずの中から、特に優れた商品を選出し表彰する。今回は計11部門に5万2692件の応募があった。このうち、178件が受賞した。

 佐久山メンチはとちぎ和牛の最高級ブランド「匠(たくみ)」の切り落とし肉などを使用している。衣は極力薄くし、肉汁とうま味を逃がさないようにしているのが特徴。同社の精肉店のほか、県内で出店しているキッチンカーでも購入できる。店頭販売価格は1個150円。

 和氣社長は「地域を代表するグルメとして今回受賞した佐久山メンチと佐久山コロッケの販路を拡大し、全国に通用する佐久山ブランドを構築していきたい」と話している。

地図を開く 近くのニュース