イベントでSL大樹に掲げるオリジナルヘッドマークのイメージ

日光江戸村と大樹 再コラボ きょうからイベント

下野新聞
2020年2月25日

 東武鉄道と江戸ワンダーランド日光江戸村(日光市)のコラボレーションイベント「帰ってきた!あっぱれ日光!SL大樹(たいじゅ)珍道中~EDO WONDER TRAIN」が22日~3月8日に7日間、東武鬼怒川線のSL「大樹」の車内外で開かれる。

 イベントは初回の昨年、9日間で約6300人が乗車し好評だった。下りの大樹1、3、5号は「風魔忍者の逆襲!SL忍者列車の巻」、上りの同2、4、6号は「石川五右衛門初登場!SL捕物列車の巻」と題し、捕物劇などを披露する。

 乗客には号車でデザインが違う記念乗車証を配る。全6種類を集めた先着90人に、今回のイベントで使ったオリジナルヘッドカバーをプレゼントするキャンペーンも実施する。(問)東武鉄道お客さまセンター03・5962・0102。

地図を開く 近くのニュース