世界酒蔵ランキング5位になった外池酒造店

酒蔵の「世界5位」 益子・外池酒造店 ベスト50に本県から3蔵

下野新聞
2020年2月17日

 酒文化研究所などでつくる世界酒蔵ランキング実行委員会は14日までに、「世界酒蔵ランキング2019」を初めて発表し、本県から外池酒造店(益子町)が5位にランクされた。本県からはこのほか、天鷹酒造(大田原市)が30位、井上清吉商店(宇都宮市)が47位に入った。

 国内外の有力な日本酒コンテストの入賞実績をポイント化して酒蔵ごとに集計し、スコア上位50位の酒蔵を公表した。酒類総合研究所と日本酒造組合中央会主催の全国新酒鑑評会のほか、全国燗酒(かんざけ)コンテスト、サケ・コンペティション、ワイングラスでおいしい日本酒アワード、フランスで行われるKuraMaster、世界最大規模のインターナショナル・ワイン・チャレンジの計6コンテスト・アワードで入賞した654蔵、1917商品を対象にした。

 外池酒造店は、全国新酒鑑評会で金賞に、ワイングラスでおいしい日本酒アワードで最高金賞に輝くなど740ポイントを獲得した。1位は1150ポイントの清水清三郎商店(三重県)だった。

地図を開く 近くのニュース