《味なび》冬季限定ゆずあんも

上毛新聞
2019年12月29日

「天宝堂」
(みどり市東町草木75) 

 草木ドライブイン内に店を構える菓子製造販売店。社長の赤石克己さん(61)が作る「くるみ焼(やき)まんじゅう」(15個入り600円)と「舞茸煎餅(まいたけせんべい)」(20枚入り350円)が人気を集めている。

 まんじゅうは、クルミを練り込んだ生地でこしあんや粒あんを包んだ。生地表面はサクッと香ばしく、甘さの中でクルミの風味がアクセントになっている。冬季限定でゆずあんを包んだ商品も販売している。

 煎餅は、粉末にしたマイタケを生地に練り込んで焼き上げ、甘さ控えめの素朴な味わい。マイタケ味、ゆず味、えび味の3種類があり、みどり市ブランド認証品になっている。

 いずれも店内で製造しており、タイミングが合えば焼きたてを味わえる。赤石さんは「周辺の風光明媚(めいび)な自然を楽しみつつ、全国でここだけの名物を食べに来て」と話している。

【営業時間】午前9時(土日祝日は同8時半)~午後5時。年末年始を除き無休。☎0277-95-6130。

「天宝堂」でほかの記事を検索 「まんじゅう」でほかの記事を検索