《イルミネーション》②東毛・西北毛編

上毛新聞
2019年11月11日

 冬の足音が近づいてくると、街や駅などを華やかなイルミネーションが彩る。ひんやり澄み渡る空気が、光の輝きを一層美しく見せてくれる。寒い夜の外出は面倒だが、防寒対策をしっかりして出掛けてみてはいかが。

【東毛】
おおたイルミネーション◆(30日~12月31日、17時半~22時、太田市・八王子山公園=☎0276-37-3434)

 東側の斜面を覆うように色とりどりのLEDが輝く。中央の芝生広場には赤い大階段や西洋の古城をイメージした照明が浮かび、幻想的な雰囲気に。30日10~18時に「おおた食と光の祭典」を行い、弘前市のリンゴや近隣のグルメを販売、17時半にイルミネーションを点灯する。12月1~4日は点灯を1時間早め16時半から。期間中はキッチンカーが並び、温かい飲み物や軽食を販売する。エコハウスで音楽イベントも予定している。

わたらせ渓谷鉄道各駅イルミネーション◆(12月1日~2月29日、17時~各駅最終列車通過時刻、☎0277-73-2110=同社)

 趣向を凝らした手作りのイルミネーションが17駅に輝き、幻想的な雰囲気が広がる。土日祝日を中心に、車内から眺めるイルミネーション号を運行する。乗客は16時半に桐生駅集合、16時46分発、間藤駅まで往復する。弁当、飲み物、土産付きで一般2650円、小学生2150円、未就学児1050円。各日先着30人。要予約。

【西北毛】
渋川まちなかイルミネーション◆(30日~1月31日、17~22時、渋川市・渋川駅前広場など、☎0279-23-8066=実行委)

 渋川駅前広場と駅前通りのメイン会場が、約7万2000球のイルミネーションで飾られる。30日17時~18時半に点灯式を行い、電飾された街路樹や噴水のモニュメント、市内の高校生が作成したオブジェなどを輝かせる。ミニコンサートや先着300人に豚汁の振る舞いもある。12月14日16~18時にクリスマスイベントも開催。

新島学園クリスマスイルミネーション◆(12月4~25日、16時半~22時、安中市・新島学園中高駐車場、☎027-381-0240=同学園)

 高さ20メートルのメタセコイアや15メートルのヒマラヤスギ2本、トナカイに引かれたサンタクロース、街並みなどを約2万球のイルミネーションが彩る。4日の点灯式では管楽アンサンブルや軽音楽部の演奏、家庭科部による手作りクッキー配布などが行われる。礼拝堂は聖歌隊によるハンドベルや弦楽団の演奏が披露され、荘厳なムードに包まれる。

「イルミ」でほかの記事を検索 「イルミネーション」でほかの記事を検索