《ちょこっとグルメ》特注の器で抹茶、甘味

上毛新聞
2019年11月13日

 日本茶と和のスイーツを楽しめるカフェ。三島家具のリニューアルオープンに合わせ、2016年6月に同店内に併設された。オリジナルの家具や食器を使っており、飲食しながら使い心地を確かめることができる。茶わんや急須は埼玉県越谷市の陶芸家、飯高幸作さんに特注したものだ。

 お薦めの「深蒸し煎茶 碧玉(へきぎょく)」(418円)は鹿児島県知覧町と静岡県の茶葉をブレンドし、甘みがあるのが特長。急須で提供され、2煎目のお湯を無料でもらえる。「抹茶 青漆(せいしつ)」(495円)は茶せんで自らたてて味わう。

 自家製スイーツも充実している。「濃厚抹茶のパフェ」(1078円)は黒糖パンナコッタや抹茶のブラウニー、抹茶とミルクのジェラート、抹茶寒天など盛りだくさんの内容。期間限定メニューだったが、好評のためグランドメニューになった。

 「栗と黒胡麻のモンブランパフェ」(825円)など、秋限定のメニューもある。

 ▽営業 11~19時(ラストオーダーは18時半)
 ▽定休日 水曜
 ▽これもお薦め 濃厚抹茶のクリームあんみつ(880円)

「抹茶」でほかの記事を検索 「パフェ」でほかの記事を検索