冬の碓氷路、夜汽車運行 JR高崎支社、来年1月

上毛新聞
2015年10月29日

JR東日本高崎支社は23日、冬の臨時列車と31日からの「高崎駅わくわく収穫祭」の概要を発表した。臨時列車は帰省やレジャー向けに多数運行し、来年1月16日に信越線高崎―横川間で冬季初の「DL・SL YOGISHA碓氷」を計画。収穫祭では11月1日午後1時、高崎駅東口特設ステージに宝塚歌劇団元トップスターの紫吹淳さん(大泉町出身)が登場する。
YOGISHA碓氷は往路(高崎発午後6時35分)をディーゼル機関車が、復路(横川発同8時6分)を蒸気機関車「C61」がそれぞれ旧型客車6両をけん引し、夜の碓氷路を駆け抜ける。今年3回の臨時列車が好評だったため、初めて冬に設定した。全席指定で運行1カ月前から予約を受け付ける。
冬の臨時列車の期間は12月1日~2月29日。特急列車の草津号を12月30日~1月2日などに長野原草津口―大船(神奈川県鎌倉市)間で運行するほか、千葉・成田山への初詣に便利な快速列車を1月第2、3週の土、日に予定している。
収穫祭は10月31日と11月1日に高崎駅で開き、東日本エリアの有名駅弁の販売や音楽ライブ、新鮮野菜と加工品の販売などを予定。紫吹さんはトークイベントに出演する。問い合わせは平日に同支社(☎027・320・7111)へ。

地図

地図を開く 近くのニュース