霞ケ浦彩る花堤 行方

茨城新聞
2019年4月6日

行方市玉造甲の霞ケ浦ふれあいランドでは、ソメイヨシノが見頃を迎え、筑波山を望む霞ケ浦湖畔に彩りを添えている。

旧玉造町が1990年、国の「ふるさと創生1億円事業」を活用して湖岸約300メートルにソメイヨシノ162本を植樹した。遠くに筑波山を望み、霞ケ浦とソメイヨシノのコントラストを楽しめる桜堤は、地域住民の散歩コースとして親しまれている。

霞ケ浦ふれあいランドはレンタサイクルも実施している。(高校生以上500円、小中学生300円、未就学児無料)。 

地図を開く 近くのニュース
「霞ヶ浦」でほかの記事を検索