中也の写真現物 きょうから公開 前橋文学館特別企画展

上毛新聞
2015年10月26日

日本近代詩を代表する2人の詩人の魅力に迫る特別企画展「中原中也と萩原朔太郎」(11月29日まで前橋文学館)で、中原中也の肖像写真として最も有名なオリジナルプリントがきょう22日から4日間限定で展示される。
1925(大正14)年に銀座の有賀写真館で撮影され、中也は18歳ごろとされる。山口市の中原中也記念館が所蔵し、10月22日の中也の命日に合わせて前橋で特別に展示する。
文学館学芸員の津島千絵さんは「現物を見られる機会はほとんどない。多くの人が思い浮かべる中也を間近に見てほしい」と話している。
企画展は、中也の直筆原稿や朔太郎との接点を示す資料を紹介する。10月24日午後2時から展示解説を行う。
水曜休館。午前9時半~午後5時(金曜は午後8時まで)。観覧料は一般・大学生300円、高校生以下無料。問い合わせは同館(☎027・235・8011)へ。

地図

地図を開く 近くのニュース