阿見イチゴ スイーツ多彩 フェア31日まで

茨城新聞
2019年3月7日

阿見町で同町産のイチゴを使ったスイーツフェアが開かれている。パン店や洋菓子店など町内の8店舗が参加。趣向を凝らしたイチゴのパンや菓子を楽しめる。31日まで。

同フェアは町商工会が主催し、今回で7回目。毎年イチゴの旬の時期である2~3月に開催している。町内の農家「野口いちご園」で生産されたイチゴを使用している。

今回初めての参加となる同町岡崎のパン店「ブーランジェリーコクスィネル」は、「苺(いちご)のクロワッサン」(税込み250円)と「苺のクリーム大福」(税込み200円)を販売している。「苺のクロワッサン」は、さくさくとした生地のクロワッサンにイチゴとホイップクリーム、イチゴを引き立てるラズベリーソースを挟んだ一品。店主の吉田勇気さん(36)は「こだわりの商品。ぜひ食べてにきて」と呼び掛けている。

問い合わせは町商工会(電)029(887)0552

地図を開く 近くのニュース