生糸の町・前橋 体験して 17、18日 着付け、撮影会、座繰り…

上毛新聞
2015年10月13日

生糸(いと)の町として栄えた前橋の文化や地域の魅力に触れられるイベント「県都まえばし生糸のまち 和のコトAsobi」が17、18の両日、前橋市の臨江閣と前橋公園で開かれる。着物の着付けやモデル撮影会、座繰り体験など絹の文化やアートで来場者をもてなす。
前橋観光コンベンション協会、市、県前橋行政県税事務所が共催。上毛かるたで「県都前橋生糸の市(まち)」とうたわれ、現在も国内を代表する繭の産地である前橋のアイデンティティーを見直そうと初開催する。
17日は着物姿で街歩きできる着付け体験(受け付け終了)や人力車運行(午前10時~午後4時、200円)などが行われる。
18日は着物モデル撮影会(午前10時~正午)、着物ショー(午後2時から)が開かれる。
両日開催の企画では、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」で組紐(くみひも)の製作指導を担当した組紐学会の多田牧子さんによる製作体験(小学生以上、800円)を行う。絹や着物の展示、アート作家の展示ワークショップと作品販売などもある。
問い合わせは同協会(☎027・235・2211)へ。

地図

地図を開く 近くのニュース