休耕田のハス3分咲き 那須 2千株、20日ごろ見頃

下野新聞
2018年7月17日

 【那須】寺子乙、農業芳賀和幸(はがかずゆき)さん(75)方の休耕田で、ハスの花が咲き始め、写真愛好家らを楽しませている。

 地域の景観を良くしようと、芳賀さんら地域住民でつくる「黒田原地区地域づくり委員会」が5年前、ハスを植栽した。現在は芳賀さん夫妻や地域のボランティア3人で管理している。

 ハスは約20アールの敷地に2千株が咲き誇る。13日現在は二、三分咲き。20日ごろに見頃となり、8月いっぱい楽しめるという。11日に訪れた那須塩原市三島2丁目、無職大島佳男(おおしまよしお)さん(75)は「今年は色づきがいい。青空と花と葉の色のバランスがよい写真が撮れた」と話した。

 休耕田は那須高から約700メートル南。休耕田から南約100メートルの空き地と北約200メートルの上の原公民館に駐車できる。(問)芳賀さん0287・72・5619。

地図

地図を開く 近くのニュース