金のハートに御利益の予感 【ホッとニュース】恋人の聖地・足利織姫神社 縁結び祈願で「愛の鍵」

下野新聞
2018年7月10日
 【足利】西宮町の足利織姫(おりひめ)神社はこのほど、縁結び祈願の「愛の鍵」の授与を始めた。同神社は「恋人の聖地」でカップルの参拝客も多く、聖地を詣でて鍵を掛けることでより強い縁結びの御利益を得られそうだ。

同神社は人、健康、知恵、人生、学業、仕事、経営の七つの縁を結ぶとされ2014年、NPO法人地域活性化支援センターにより恋人の聖地に認定された。昨年で遷宮80年を迎え、御朱印などで注目を集める近年は年間約40万人の参拝客がある。

愛の鍵は、錠前と施錠する二つの鍵のセット。金色のハート形で、錠前の正面には同神社の紋と「よこ糸たて糸 縁結び」と記されている。

社務所で1100円で授与する。境内に設けられた「愛の鐘」近くに今月、鍵を掛けるワイヤを設置する。このワイヤや境内近くの縁結び広場に願掛けで取り付けていっても、記念に持ち帰っても御利益があるという。

同神社奉賛会は聖地認定の翌15年、愛の鐘を奉納し、遷宮80年記念事業では女坂(縁結び坂)に七つの縁にちなむ7色の鳥居も建立した。同神社奉賛会の秋草俊二(あきくさしゅんじ)会長は「織物の縦糸、横糸にあやかって良い絆、ご縁に恵まれるはず」と話している。

地図

地図を開く 近くのニュース