SL大樹に手を振ろう 日光・市民団体など有志 動画製作、出演者を募集 15日に撮影会

下野新聞
2018年7月5日

「大樹」は昨年8月10日に下今市駅-鬼怒川温泉駅の区間で運行を開始。市観光協会など沿線約30団体でつくる「いっしょにロコモーション協議会」は観光客を歓迎しようと、地域の人が沿線から手を振る「みんなで手を振ろう運動」を行ってきた。

プロモーションムービーは乗客と市民が笑顔で手を振り合う光景を映像で残し、SLや日光のPRにつなげようと企画した。

当日は午前中に今市の道の駅「日光街道ニコニコ本陣」の多目的ホールで参加者それぞれの「大樹」への思いを書いたメッセージうちわをつくる。

午後には作ったうちわを片手に「大樹」に手を振る。プロモーションムービーにはうちわの作製風景から手を振っている光景までが含まれる。

撮影したムービーはインターネット上の動画投稿サイトや市内のイベントなどいろいろな場で公開される。

午前9時半受け付け開始で午後1時半終了予定。参加無料で、「大樹」オリジナルグッズなどがプレゼントされる。同委員会事務局に電話かメールで申し込む。

(問)同委員会0288・21・5136。

地図

地図を開く 近くのニュース