楽しんでマス 栃木 小学生らがつかみ取り

下野新聞
2018年7月2日

 【栃木】鍋山町の永野川藤沢橋下流付近で1日、マスのつかみ取りイベントが開かれた。家族連れなど地域住民約100人が訪れ、夏の日差しの下でつかみ取りなどを楽しんだ。

 地域住民でつくる「寺尾まちづくり協議会」が主催し、今回で6回目。地域の子どもたちに自然と触れ合ってもらおうと実施している。

 用意されたマスは約500匹で、つかみ取りのほかに、マスの釣り体験や塩焼きの販売も行われた。つかみ取りには小学生ら約30人が参加。いけすを泳ぐマスを必死に追い掛け、楽しそうに声を上げていた。

 6匹捕まえたという寺尾小5年寺内颯眞(てらうちそうま)君(10)は「大きいマスを狙って捕まえた。楽しかった」と満足げな表情を見せた

地図

地図を開く 近くのニュース