初の公式グッズ ポロシャツ登場 【100%とちぎ愛】市貝町「サシバのサッちゃん」 PRへ羽ばたきます

下野新聞
2018年6月18日

 【市貝】町観光協会は町公式キャラクター「サシバのサッちゃん」の刺しゅうが入ったポロシャツを製作し、注文の受け付けを始めた。サッちゃんを公式グッズ化したのは初めて。今後子ども向けなどにも公式グッズを広げていく。

観光協会、受け付け開始
 サシバのサッちゃんは、猛きん類のサシバが生息し繁殖する優れた自然環境の町をPRするため、2013年3月に誕生したご当地キャラ。春になると暖かい南の国からやってきて双子の赤ちゃん「イッちゃん」、「カイちゃん」の子育てに奮闘中という設定で、丸々として愛らしく、徐々に知名度と人気が高まった。

 ゆるキャラグランプリ2017では、県内3位、全国55位と健闘。「『人形が欲しい』などという要望も数多い。この人気を活用しない手はないと考えた」(同協会)という。まず、製造コストが比較的安く、実用的で町職員が町のPR用にも使えると見込んで成人用のシャツを製造、販売することにした。

 胸ポケットのすぐ上に、翼を広げて正面を向いたサッちゃんの刺しゅう(縦3・7センチ、横4・1センチ)を施してあり、色は白、ブルー、ピンクなど6色、SSから3Lまで6サイズある。

 1枚2500円(3Lは2700円)だが、今月末までの初回申し込み分は、100円引きの特別価格で販売する。7月の夏休み前には引き渡せるという。

 今後は、幼児も着られるTシャツなどの商品化も予定している。購入申し込みは、道の駅サシバの里いちかいまちおこしセンターカウンターで受け付ける。

地図

地図を開く 近くのニュース