初の「カラセンめぐり市」  【本物の出会い とちぎDC】16日、JR宝積寺・烏山駅前 マルシェ同時開催

下野新聞
2018年6月14日

 【高根沢・那須烏山】JR烏山線沿線まちづくり推進協議会は16日、「カラセンめぐり市」を初開催する。宝積寺、烏山駅前広場でマルシェを同時開催し、両会場を烏山線を使って周遊しながら地元産の食を楽しんでもらう。

 協議会は那須烏山市、高根沢町、栃木銀行、JR東日本大宮支社で構成する。JRグループの大型観光企画「本物の出会い 栃木デスティネーションキャンペーン(DC)」で同日、上野-宝積寺駅間を運行する「ほろ酔いとちぎ号」に合わせて企画された。

 烏山駅前広場には地元産食材を使ったレストランやカフェ、農産物直売所、アクセサリー店など15店舗が出店する。宝積寺駅前では、イタリアンレストランや高根沢ちゃんぽん、自家焙煎(ばいせん)のコーヒー店など18店舗が出店する。また、「たかはら山麓水街道フェア」も開催される。

 協議会は烏山線の魅力の発信を狙って、沿線の風景を写真共有アプリ「インスタグラム」に投稿してもらう「インスタフォトコンテスト」を11月30日まで開催している。入賞者には、東力士の純米吟醸や高根沢ちゃんぽんセット、リンゴとイチゴジャムのセットなど5千円相当の特産品がプレゼントされる。

 (問)那須烏山市総合政策課0287・83・1112、高根沢町企画課028・675・8102。

地図

地図を開く 近くのニュース