ロケ地巡りマップ発行 映画「キスできる餃子」 宇都宮観光コンベンション 撮影風景も紹介

下野新聞
2018年6月12日

【宇都宮】ギョーザの街・宇都宮を舞台にした映画「キスできる餃子(ぎょーざ)」の公開に合わせ、宇都宮観光コンベンション協会は「ロケ地MAP(マップ)」を発行した。ロケ地に加え、映画の撮影風景やオフショットも盛り込まれた楽しい内容になっている。

 映画は昨年8~9月に市内の各所で撮影された。マップでは主人公陽子(ようこ)の実家ギョーザ店となった「ぎょうざの龍門」をはじめ、大谷資料館やJR宇都宮駅、カクテルバー、オリオンスクエアなど8カ所を紹介。ロケ地周辺にある飲食店やジャズライブハウス、屋台横丁などのスポットや駅ビルで買える宇都宮土産も掲載している。

 同協会担当者は「映画の公開を最大限に生かし、全国から誘客を図りたい。マップを手に市内を周遊してもらい、飲食店や土産物も楽しんでほしい」と呼び掛けている。A3判で2万部作製。宇都宮観光案内所(JR宇都宮駅構内)とマップ掲載店舗、映画の上映館約30カ所で配布する。

 映画が県内で先行公開される15日からは、市観光アプリを使ったモバイルスタンプラリーも実施。マップ掲載のスタンプスポット3カ所を巡ると、先着150人にオリジナルトートバッグをプレゼントする。

 (問)同協会028・632・2445。

地図

地図を開く 近くのニュース