B2ロボッツ首位守る 14連勝

茨城新聞
2018年4月29日

バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は28日、水戸市青柳公園市民体育館などで9試合が行われ、茨城ロボッツは群馬に80-63で圧勝し、クラブ新記録を更新する14連勝。通算成績は35勝21敗、中地区首位を守った。同率2位のFE名古屋も勝利したため、ゲーム差は0のまま。

ロボッツは第1クオーター、真庭や平尾を中心に30得点を挙げ、一気に19点差を付けた。第2クオーターには2点差まで迫られるも、後半は前田の3点シュートなどで再び差を広げて快勝した。

(水戸市民体育館、2212人)
茨城 35勝21敗 80-63 群馬 30勝26敗
30-11
10-27
20-16
20-9

■茨城ロボッツ・岡村SVC 選手たちが成長
第1クオーターはとても良く、練習通りに事が進んだ。ここ最近は試合でも練習でも、自分がしゃべらなくても選手同士でコミュニケーションが取れていて、それが成長につながっていると思う。まだこのチームは最高潮に達していないので、修正すればもっと良くなる。

地図

地図を開く 近くのニュース