《上州百景 スカイショット》鳥居300基連なる

上毛新聞
2018年4月30日

◎小泉稲荷神社

朱色に塗られた大小約300基の鳥居が連なる小泉稲荷神社(伊勢崎市小泉町)は、写真映えするスポットとして人気だ。都内からのバスツアーもあり、大勢の参拝客が鳥居の前や下に立ち、カメラのシャッターを盛んに切っている。
商売繁盛や五穀豊穣(ほうじょう)を祈願して県内外から奉納され、鳥居は現在も増え続けている。管理する氏子の総代長、田村耕平さん(69)は「今年はすでに4基増えた。鳥居の珍しさからか若い世代が来てくれるようになりうれしい」と話す。
(大橋周平)

【撮影ポイント】ISO200、1600分の1秒、絞り2・2。ドローンを使って高度約30メートルから撮影した。鳥居の重なりが分かる位置で参拝客が訪れるのを待った。

地図

地図を開く 近くのニュース