山肌彩る800株 「つつじの郷」7日開放 高崎

上毛新聞
2018年4月5日

高崎市箕郷町善地の後藤善市さん(70)が自宅の裏山を整備して造った「つつじの郷」が、7日から一般開放される。丹精した800株の花木が見頃を迎え、今月下旬まで楽しめる見込み。
植えられているのは紅白のヤマツツジや花桃のほか、紫色のミツバツツジ、黄色のレンギョウなど。種類により開花期が異なるため、全体の色彩が徐々に変化するのが特徴という。後藤さんは「園内の花だけでなく、昔ながらの風景も楽しんで」と来場を呼び掛けている。
入園料500円(中学生以下は無料)。午前8時~午後5時。みさと芝桜公園から車で8分ほど。詳細は後藤さん(☎090・5201・8795)へ。

地図

地図を開く 近くのニュース