旅芸人一家 豊作祈る 門前春駒 川場

上毛新聞
2018年2月12日

養蚕が盛んだった川場村門前地区に伝わる行事「門前春駒」が11日、同地区で行われた。化粧や着付けをして旅芸人一家に扮(ふん)した青年たちが家々を回りながら歌と踊りを披露し、家内安全や五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祈った。
「おっかあ(母)」役と「おっとう(父)」役、娘役2人の4人でつくる一座2組が午前6時に吉祥寺(同村門前)を出発し、地区内の約120戸を訪れた。道の駅「川場田園プラザ」に一座が初登場して観光客を前に伝統芸能を披露すると、多くの拍手が送られた=写真。
地元の青年を中心につくる門前春駒保存会(戸丸陽介実行委員長)が継承し、ぐんま絹遺産、県指定重要無形民俗文化財になっている。戸丸委員長(36)は「地元で長年親しまれてきた行事。絶やさぬよう続けていきたい」と話した。

地図

地図を開く 近くのニュース