袋田の滝、氷壁のパノラマ

茨城新聞
2018年1月27日

今季一番の寒さとなった26日、大子町の袋田の滝は凍結が進み、雄大な白い氷壁が広がった。

袋田観瀑施設管理事務所によると、今冬の凍結は一時、雨で解けたが、降雪後の23日から再び凍り、25日から8割程度凍結。氷の上を水が流れ落ちる厳冬期ならでは光景が見られる。

観光客は「すごい」と歓声を上げ、写真を撮っていた。いわき市の遠藤敏弘さん(59)は「春や秋の姿とは一変、見応えがある」と感激した様子で話した。

31日まで行うライトアップ(午後7時まで)では、昼とは異なる幻想的な世界が広がる。


「袋田の滝」でほかの記事を検索

地図

地図を開く 近くのニュース