筑波山、冬の彩り ロウバイ咲く

茨城新聞
2018年1月22日

筑波山中腹にある筑波山梅林(つくば市沼田)でロウバイの花が見頃を迎え、春を前にした園内に彩りを添えている。

梅林南側の筑波山おもてなし館の周辺に50株ほどが植えられており、かれんな黄色い花からは甘く爽やかな香りが漂っている。家族連れらは花に顔を近付け香りを嗅いだり、青空とのコントラストを写真に収めたりして楽しんだ。

牛久市から来た橋本彊(つとむ)さん(72)は「遠くからでも甘い香りがした。天気にも恵まれて良かった」と笑顔。同館によると今月いっぱい楽しめそう。 

地図を開く 近くのニュース
「筑波山」でほかの記事を検索