ダンサー、戦車を「洗車」 ガルパン放送5周年

茨城新聞
2017年12月2日

大洗町を舞台に女子高生が“武道”として戦車道をたしなむ人気アニメ「ガールズ&パンツァー」(ガルパン)の放送5周年を記念した実写ムービーの公開が、ウェブ上で始まっている。キャラクターに扮(ふん)したダンサーが戦車を「洗車」しつつ、ダンスを繰り広げるユニークな内容。ガルパンは9日に最終章の劇場上映を控えており、さらなる盛り上がりへの呼び水とする。

「SEN-SHA」と銘打たれた約4分のムービーは、動画投稿サイト「YouTube」(ユーチューブ)などで見られる。主人公の西住みほが所属する「あんこうチーム」のメンバーに髪形などを似せたダンサーらが登場。チームが作中で乗る(4)号戦車のリアルな実寸大模型をデッキブラシなどで洗いながらキレのあるダンスを披露し、最後は総勢22人で踊り、締めくくる。

振り付けは世界的なダンスカンパニー「s**t kingz」(シットキングス)が担当。大洗大使とともにガルパンの応援大使も務めるプロレスラーの蝶野正洋さんも出演する豪華な仕上がりとなっている。

制作過程を捉えたドキュメンタリーも合わせて配信し、練習に励むキャストの姿も紹介している。公開元のガールズ&パンツァー製作委員会は「コアなファンも初心者も、楽しんでいだければ」と視聴を呼び掛けている。

「ガルパン」でほかの記事を検索

地図

地図を開く 近くのニュース