前橋で45日間イベント 「特区」で町おこし 飲食用にパスポート

上毛新聞
2015年10月7日

前橋市民総参加型の街おこしプロジェクト「前橋○○(まるまる)特区45DAYS」が、10日~11月23日の45日間にわたって、中心市街地の中央イベント広場を主会場に市内全域で開かれる。週末の食のイベントに出店する店や協力店で使える金券付きパスポート(旅券)を5千部限定で販売する。
前橋商工会議所などでつくる実行委員会が主催し、市などが共催する。食のイベントのほか、市民が「特区」を宣言して前橋を盛り上げるための活動を展開する。
食のイベントは週末に行われ、豚肉料理の前橋T―1グランプリと高崎キングオブパスタのコラボイベント(10月10~11日)、友好都市のイタリア・オルビエート市と連携したワインの解禁イベント「スローシティーセレモニー・ノベッロ祭り」(30日)などを予定する。
パスポートは1部3千円で、3500円分の金券付き。主な販売場所は「前橋○○特区」の加盟登録店ステッカーのある店や、前橋プラザ元気21のM―WAVE放送スタジオ、JR前橋駅構内の前橋物産館広瀬川など。1人5セットまで。
市民の特区宣言は公式サイト(http://ootokku.com)で紹介。自転車通勤特区、平日昼間にのんびり過ごすシエスタ特区、男塾特区などが名乗りを上げ、仲間を募ったり、期間中のイベントを告知している。
問い合わせは、まえばしCITYエフエム内の実行委事務局(☎027・212・1510)へ。

地図

地図を開く 近くのニュース