高校生考案のきのこランチ 水戸のホテルで提供

茨城新聞
2017年11月14日

水戸市宮町のホテルレイクビュー水戸の南欧風レストラン「アルエット」は、高校生が考案したきのこ料理をランチメニューとして商品化した。30日までの期間限定で提供している。

公立共済施設である同ホテルが、学校教育の成果を発表する場として提供。営業企画課の平塚浩司さんは「頑張る高校生の活動を知ってもらえたら」と期待を寄せる。

商品化したのは、本年度の県きのこ料理コンクール(県主催)で最優秀賞を受賞した県立竜ケ崎二高2年の市川水晶さんのレシピ「鶏肉のきのこ入りチーズパン粉焼き~トマトソースかけ」。シイタケとエリンギを鶏胸肉で包み、チーズパン粉をつけて焼き上げたもの。シメジとマイタケを炒めた特製トマトソースで味付けした。

同レストランのランチタイムは毎日午前11時~午後2時。1日限定20食の販売となり、価格は1200円(税込み)。問い合わせは、同ホテル(電)029(224)2727

地図

地図を開く 近くのニュース