笠間の菊まつり 1万鉢 咲き誇る

茨城新聞
2017年11月7日

110回目を迎えた日本最古の菊の祭典「笠間の菊まつり」(同まつり連絡協議会主催)が、笠間市笠間の笠間稲荷神社とその周辺などで開かれている。約1万鉢の菊が咲き誇り、来場者を楽しませている。

懸崖(けんがい)、千輪咲き、立菊、古典菊など多様な菊を展示。今回は笠間稲荷門前通りに、茨城大工学部景観・都市デザイン研究室の学生らが演出した「稲田石の間」「菊のショーケース」などの菊装飾を新設した。

恒例の菊人形展も開催中。同まつりは26日まで開かれる。

地図

地図を開く 近くのニュース