ペンギン、愛らしく 大洗水族館、「お散歩」開始

茨城新聞
2017年11月2日

大洗町磯浜町のアクアワールド県大洗水族館の恒例イベント「ペンギンのお散歩タイム」が1日、始まった。飼育されている約40羽の中から選ばれた「精鋭」がとことこと愛らしい様子で歩く姿が来年5月6日まで見られる。風物詩ともいえる催しだが、昨年は鳥インフルエンザ拡大防止の観点から1カ月ほどで中止された。

スタートに向けて10月中旬から「朝練」を積み重ねていたという選抜メンバー十数羽は、午前11時ちょうどに笛の合図で登場。一本橋やスロープといった関門が設置されたコースを約5分間かけて往復した。ぞろぞろと橋を渡ったり、軽快な足取りで階段を上り下りしたりするたびに、客席からは歓声が巻き起こった。

幼稚園の休みを利用し両親と訪れた千葉県市原市の木田あかりちゃん(5)は「一生懸命でとてもかわいらしかった」と笑顔。お散歩を見守った飼育員の藤岡実可(みか)さん(23)は「ペンギンは張り切った様子だった。動きに個性があるのでぜひ見てほしい」と話していた。

お散歩タイムは毎日1回、午前11時に開始。雨天・荒天時はお食事タイムに変更する。 

写真


地図

地図を開く 近くのニュース