11月中旬から一部通行止め 沼田・吹割の滝

上毛新聞
2015年10月1日

沼田市利根町の「吹割の滝」の落石防止工事のため、市は遊歩道の一部区間を11月中旬から通行止めにする。工事期間は2カ月ほどで防護ネットの設置や、接着剤で岩を固定する。
通れなくなるのは、国道120号側の遊歩道の上流部約200メートル。市によると、この区間で6月25日、観光に訪れた60代女性に落石が当たって肩の骨を折る事故があり、安全確認のため8月11日まで通行を禁止した。現在は通行可能となっているが、来年度以降に向けて補修工事をすることを決めた。市は、工事費として3千万円を予算化した。
滝は10月下旬から11月上旬に紅葉の見頃を迎え、観光客でにぎわう。毎年、遊歩道は12月中旬から冬季閉鎖される。市利根支所観光係は「関係機関と協議してできるだけ観光に影響が出ないようにする」としている。