自然の仕組み体感 県立自然史博物館が企画展 富岡

上毛新聞
2017年10月17日

県立自然史博物館の第55回企画展「ぐんまの景観がこんなにも素晴らしい5つの理由」が12月3日まで、富岡市の同館で開かれている。景観を作り上げた基盤形成や風化、堆積などの現象を分かりやすく解説している。
県内で見られる景色を長い年月をかけて形作ってきた地形や動植物、天候を紹介するパネルをはじめ、自然現象の仕組みを体感できる映像などを展示している。頭上のセンサーを使って、砂の山に等高線や雨の動線などを映し出す仕掛けは、子どもたちの人気を集めていた=写真。
甘楽小幡小6年の野口あいさん(11)は「知らなかったことばかり。本物の景色も見に行きたい」と興味を持った様子だった。
月曜休館。午前9時半~午後5時。問い合わせは同館(☎0274・60・1200)へ。

地図

地図を開く 近くのニュース