ありがとう ひよっこ 最終回でファン感謝祭

茨城新聞
2017年10月1日

本県を舞台とするNHKの連続テレビ小説「ひよっこ」が30日、最終回を迎え、ファン感謝祭が同日、高萩市高萩の市文化会館で開かれた。感謝祭には主演の有村架純さんら出演者4人も駆け付け、トークショーなどが行われた。有村さんは「最後の時間を皆さんと共有でき、終わりの日にふさわしい時間になった」などと話した。

ひよっこは、架空の「奥茨城村」で生まれ育ったヒロインが上京し、成長していく物語。同市はロケ地となり、会場には25倍を超す競争率の抽選に当たった約650人が、県内外から詰め掛けた。

感謝祭では、会場の大型スクリーンで最終回を見た後、有村さんや幼なじみ役の佐久間由衣さん、泉沢祐希さん、恋人役の磯村勇斗さんがステージに登場。トークショーで、それぞれのお気に入りシーンなどを振り返った。

終了後、有村さんは「へたくそな茨城弁で申し訳なかったが、それも一緒に愛していただけたらうれしい。感謝でいっぱい」と語った。

地図 →

この付近の観光ニュース →