甘~い上毛かるた 実物大クッキー発売 桐生の洋菓子店

上毛新聞
2017年10月1日

洋菓子店のモンシェリー(桐生市相生町、岩崎栄一社長)は上毛かるたの札を詳細に描いた「上毛かるたクッキー」を発売した。絵札と読み札の全88枚をそろえている。

実物のかるたとほぼ同じ大きさの縦6・5センチ、横5センチのプレーンクッキーに、パソコンと食品用プリンターを使って図柄をプリントしている。1枚150円。88枚セットは9900円。
今年8月の桐生八木節まつりの会場で、「桐生は日本の機(はた)どころ」の絵札など200枚を無料配布したところ、観光客に大いに喜ばれ、商品化を決めた。
店頭では「つる舞う形の群馬県」「力あわせる二百万」が人気。プレゼントする相手の名前になるように買う人もいる。
岩崎卓也専務(31)は「これからはおいしいだけでなく、贈る人、贈られた人の会話が弾む菓子を作りたい」と話している。
桐生市の相生店と堤店で販売している。問い合わせは同社(☎0277・52・2244)へ。

 

【写真】上毛かるたの柄を描いたモンシェリーのクッキー

地図

地図を開く 近くのニュース