闇に浮かぶ炎の輪 南牧

上毛新聞
2017年8月16日

国の選択無形民俗文化財「大日向の火とぼし」が14日、南牧村の南牧川に架かる大日向橋で始まった。盆の宵闇に浮かぶ炎の軌跡が村の夏を彩った=写真。
先端にくくり付けたわら束がバチバチと音を立てて燃える長縄を、村民が欄干から豪快に回して円を描いた。熟練の技を持つ村民が作る大きな軌跡に、ひときわ大きな歓声が上がった。
火とぼしは戦国時代、圧政に苦しむ領民が上州に攻め入った武田軍に加勢し、領主勢を打ち破った喜びを伝えたものとされている。15日も午後6時ごろから行われる。

地図

地図を開く 近くのニュース