黄門まつり期間、カフェ先行開業 水戸、旧ユニー跡地

茨城新聞
2017年8月2日

水戸市南町の旧ユニー跡地で9月24日に開業する「まちなか・スポーツ・にぎわい広場(M-SPO)」について、飲食店経営のバルニバービ(大阪市)は1日、敷地内に出店するカフェを水戸黄門まつりに合わせて5、6両日にプレオープンすると発表した。

カフェは「オープンテラス・ミーイート」。トレーラーハウスとキッチンカーの店舗にテラス席を中心とする126席を設け、主に創作のアメリカンフードやバーベキューなどを提供する。納豆や梅など、地元の食材もメニューに生かす。

カフェはM-SPOの開業に先行して、今月17日にオープン予定。ただ、水戸黄門まつりで多くの観光客の来場が見込めることから、まつり期間中のプレオープンを決めた。5、6両日の営業時間は午前11時~午後9時。17日以降は午後9時半まで。

同社は全国でカフェやレストランを展開。本県への出店は初めて。

地図

地図を開く 近くのニュース