楽しいプラレールの世界  壬生、おもちゃ博物館でフェス

下野新聞
2017年8月1日

 壬生町国谷の町おもちゃ博物館は、タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」を使った夏休みイベント「プラレールフェスティバルinおもちゃ博物館2017」を31日まで開催している。

 家族全員でプラレールの世界を楽しめるよう、広さ約360平方メートルのスペースにレール1万本を用意。アトラクションは子どもたちが実際に遊べる「プレイランド」やジオラマ展示など全6種類。本県で初めての展示となったスワロフスキー・クリスタルを1万粒以上ちりばめた「ディズニー ドリームレールウェイ“キラキラ列車”」も人気を集めている。

 入館料は高校生以上600円、4歳~中学生300円。午前9時30分~午後5時。イベント期間中は無休。最新情報は同館公式フェイスブックなどで発信する。同館の担当者は「1万本のレールで遊べる貴重な機会」と来場を呼び掛けている。

(問)同館0282・86・7111

地図 →

この付近の観光ニュース →