秋、深い味わいに 新酒の味、香り審査 県工業技術センター

茨城新聞
2017年7月29日

鹿嶋市のNPO法人かしま遊休地活用クラブ(村田浩伸理事長)のメンバーらが苗を植え付け育てた「ヒマワリ迷路」が、同市宮中の神野橋近くの住宅街の一角に出現した。

小学生の背丈ほどのヒマワリ約7千本が咲く迷路は広さ約2千平方メートル。同クラブは29日午前9時半から、同所で農産物販売フェアを開催する。露地栽培のスイカやカボチャ、トウモロコシなどが並ぶ。村田理事長は「子どもたちの憩いの場にしたい。フェアにぜひ来てほしい」と話した。

ヒマワリの見頃は終盤を迎える。今後、同クラブは種を収穫し、搾油する予定だ。 

地図

地図を開く 近くのニュース