つくば市の研究機関 22日から一般公開

茨城新聞
2017年7月22日

科学技術に対する理解を深めてもらおうと、つくば市内の研究機関は22日から、夏の一般公開を実施する。一般公開のほか、同市内では22日~8月31日の間、市内39カ所の研究機関などをスタンプラリー形式で巡るイベント「つくばちびっ子博士2017」が開催され、期間中は数多くの施設で見学が可能となる。

主な夏の一般公開施設と期日、内容、問い合わせ先は次の通り。

▽国立環境研究所 22日午前9時半から午後4時まで。「夏の大公開」と銘打ち、講演会やパネル展示、クイズ、体験イベントなどを実施する。(電)029(850)2453

▽産業技術総合研究所 22日午前9時半から午後4時まで。人工知能や鉱物に関する研究者の特別講演などを開催。施設内の見学ツアーも開く。(電)029(862)6214

▽森林総合研究所 29日午前9時半から午後4時まで。樹木園見学、研究者による講演会、クイズラリーや木製バッジ作りなどを行う。(電)029(829)8372

▽農業・食品産業技術総合研究機構 29日午前9時半から午後4時まで。ミニ農村でのクイズや昆虫観察、同所で扱うなど品種を使った食品の試食もある。(電)029(838)8980

▽気象研究所 8月2日午前10時から午後4時まで。気象、地震などに関する簡単な実験や観測機器展示のほか、気象観測用気球の放球などを行う。(電)029(853)8536

地図 →

この付近の観光ニュース →