不思議な植物一堂に 栃木 花センターで企画展

下野新聞
2017年7月20日

 【栃木】珍しい形をした植物や食虫植物を集めた企画展「不思議な植物展」が19日、岩舟町下津原のとちぎ花センターで始まり、来場者を楽しませている。10月1日まで。

 同センターは年に8回ほど企画展を実施。今回は子どもたちに植物に親しんでもらおうと、ゲームの世界を植物で表現した。

 来場者は人気ゲーム「ドラゴンクエスト」のモンスターに見立てた植物のクイズを解きながら展示を回る。“緑のおまんじゅう”と呼ばれる多肉植物「プセウドリトス・スファエリクス」や虫を食べる「ハエトリソウ」、鹿の角の形に似た「ビカクシダ」など個性豊かな植物が並んでいる。

 大平町、無職大西絹子(おおにしきぬこ)さん(82)は「夢がある展示で子どもが喜びそう」と話していた。

 (問)同センター0282・55・5775。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →