厳かに無病息災願う 常陸太田若宮八幡宮 氏子ら茅の輪くぐり

茨城新聞
2017年6月27日

常陸太田市宮本町の若宮八幡宮(和田忠彦宮司)で25日、毎年6月に行われる伝統の神事「夏越(なごし)の大祓(おおはらえ)」があり、参加した氏子ら約80人らが身をはらい清めて気持ちを新たにした。

8人の小中学生が古式ゆかしい衣装を身に着け、約600年前から伝わるみこ舞の「鶴子舞」を奉納。氏子らは、紙製の人形を持って胸をなで、息を吹きかけて汚れを移した後、境内に設けられた直径約2メートルの茅(ち)の輪を8の字に回りながら3度くぐり抜けて、無病息災を願った。

茅の輪は7月7日まで設置される。 

地図

地図を開く 近くのニュース